サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME > 気になるキーワード

気になるキーワード

 

 BSEは正式には牛海綿状脳症といいます。狂牛病という呼称は,ヨーロッパのマスコミがつけたBSEの俗称であるmad cow diseaseの和訳ですが,これはBSEの病態を正確に表現したものではなく適切ではありません。
 BSEは,1986年に英国で初めて確認された牛の病気で,TSE(伝達性海綿状脳症:Transmissible Spongiform Encephalopathy)という,いまだ十分に解明されていない伝達因子(病気を伝えるもの)と関係する病気のひとつです。
 BSEにかかった牛の脳は空胞化し,海綿状(スポンジ状)となることから,牛海綿状脳症と名付けられました。牛がこの病気の感染すると,2〜8年の潜伏期間の後,発病し,行動異常,運動失調などの症状を示すようになり,発病後2週間から6ヶ月の経過を経て死に至ります。

 この病気は,ウイルスより小さい感染因子である「異常プリオン」を含む飼料などを食べることのよって感染します。牛同士が接触したり空気を介してうつることはありません。異常プリオンは,BSEにかかった牛の脳や,せき髄,眼,回腸遠位部に含まれていることが確認されています。そのため,国際機関であるOIE(国際獣疫事務局)の基準では,これらの部位は特定危険部位とされ,除去すべき対象となっています。

 

[特定危険部位]

 

○BSEの発生原因は?

BSEは,異常プリオンに汚染された飼料を牛が餌として経口摂取することで感染すると考えられています。欧州においては,牛に肉骨粉が動物性たんぱく質の補給源として与えられていました。その際,BSEに感染した牛のプリオンを含んだ肉骨粉が混入していたため,経口感染したと考えられています。

 

○プリオン病とは?

異常プリオンはウイルス,細菌と同様に病原体の一種で,これによりおこる病気がプリオン病です。正常なプリオンはもともと動物の神経の働きを支えているたんぱく質です。このプリオンはすべてのほ乳類が持っていて,体の中できちんと遺伝子の管理のもとに作られています。この正常プリオンが,異常な構造になったものが異常プリオンで,その異常プリオンが増えることで脳神経の働きが阻害され,いろいろな症状がででくるのです。

 

○ヒトのプリオン病

ヒトのプリオン病としては,クールー,クロイツフェルト・ヤコブ病,致死性家族性不眠症,変異型クロイツフェルト・ヤコブ病などがあります。このうち,変異型クロイツフェルト・ヤコブ病がBSEと関連があるといわれています。

 

リンク

・食品に関するリスクコミュニケーション〜BSE(牛海綿状脳症)問題を考える〜(開催日:H20.2.8)

○「我が国における牛海綿状脳症(BSE)対策のリスク評価」
(内閣府食品安全委員会プリオン専門調査会)
○ 「我が国におけるBSE(牛海綿状脳症)に関する管理措置」(農林水産省)
○ 「我が国におけるBSE(牛海綿状脳症)に関する管理措置」(厚生労働省)
○ 食品に関するリスクコミュニケーション〜BSE問題を考える〜(茨城県)

厚生労働省 「牛海綿状脳症(BSE)関係」ホームページ(Q&A)

農林水産省 「牛海綿状脳症プレスリリース BSE関係Q&A」

内閣府 食品安全委員会 「BSE及びcJDVについて」

 

▲このページのトップへ