サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME > 試験・免許 > フグの取扱いについて

試験・免許

フグの取扱いについて

 

 フグは、古くから珍味として賞味されていますが、種類や部位により猛毒性があり、これが大きな問題となっています。
そのため、販売が認められるフグの種類と魚体の部位などについて、詳細な規制が設けられており、当然のことながら、営業者が一般の消費者に未処理の「丸フグ」を販売することは禁止されております。
フグによる食中毒は、フグの毒性に関する知識が不十分か、あるいは、フグの毒性を無視した際に発生しております。このため、茨城県においては、フグを取扱うためには、フグ取扱者の資格を要することとしております。
また、フグを取扱う営業者は施設ごとに保健所に届出を行わなければなりません。
 
フグ取扱者の資格
 
第1種フグ取扱者: みがきフグなどの除毒処理されたフグを取り扱うときには
第2種フグ取扱者: フグの除毒処理などを行うときには
 
フグ営業施設の届出
  営業施設の概要、フグ取扱者の資格を証する書類を添えて保健所へ届出
 
 
フグの取り扱いに関して詳しく聞きたいときには,最寄りの保健所か県庁保健福祉部生活衛生課食の安全対策室までお問い合わせください。
   
 
茨城県フグ取扱指導要綱についてはこちら
 
県内保健所等一覧についてはこちら

 

 

▲このページのトップへ