サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME > 試験・免許 > フグの取扱いについて > 茨城県フグ取扱指導要綱について

試験・免許

遊漁船上でのフグの除毒処理について

 

遊漁船上で、フグの除毒処理を行う場合は、『茨城県遊漁船上におけるフグの除毒処理に関する指導要項』に従い、届出を行ってください。

○遊漁船上でフグの除毒処理を行う方は、「遊漁船フグ取扱者」の資格が必要です。
○遊漁船業を営む営業者が、遊漁船上でフグの除毒処理を行う場合、その営業所および遊漁船の届出が必要です。

 
 
<茨城県遊漁船上におけるフグの除毒処理に関する指導要項について>
 
対象者
 

「遊漁船業の適正化に関する法律」(昭和63年法律第99号)により登録されている遊漁船業者で、遊漁船上でフグの除毒処理を行う者が対象となります。

「フグの除毒処理」とは
 

丸フグをみがきフグ(内臓を除去し皮(ヒレを含む。)をはいだフグ)にする行為をいいます。本要項では、遊漁船の釣り客がフグを釣った場合に、釣り客の求めに応じて行う除毒処理が対象となります。

遊漁船上でフグの除毒処理を行うには
 
  1. 遊漁船業者は、県又は県が指定した団体に、フグの除毒処理を行う船や営業所の届出を行います。
  2. 遊漁船業者は、「遊漁船フグ取扱者」の資格を持つ人にフグの除毒処理を行わせます。
  3. 遊漁船上でのフグの取扱いは、釣り客が釣ったフグの持ち帰りに際し、客の求めに応じて行う除毒行為のみとして制限する必要があります。漁業者が自ら漁獲したフグを販売又は調理する場合は、一般的な「フグ営業」とみなされ、「茨城県フグ取扱指導要綱」に従った届出や資格者の設置が必要になります。
「遊漁船フグ取扱者」とは
 

遊漁船上で、フグの除毒処理を行う資格を持つ者をいいます。遊漁船上であれば、釣り客の求めに応じてフグの除毒処理を行うことができます。
ただし、遊漁船上以外の場所でフグを取り扱うことはできません

遊漁船フグ取扱者の資格を取るには
 

フグの鑑別、除毒処理等に関する技術講習を受け、「遊漁船フグ取扱者」の資格を取得します。
調理師の免許及び実務経験は必要ありません

技術講習について
 

技術講習は、県または県が指定する団体が実施します。
※詳細が決定した際は、「新着情報」に掲載します。

要項および様式
 
茨城県遊漁船上における除毒処理に関する指導要項
様式第1号 フグ取扱遊漁船届出書
様式第2号 フグ取扱遊漁船届出済証
様式第3号 フグ取扱遊漁船台帳
様式第4号 変更届出書
様式第5号 フグ取扱遊漁船廃止届出書
様式第6号 遊漁船上におけるフグの除毒処理に関する指導要項に係る事務処理等実施団体指定申請書
様式第7号 指定書
様式第8号 フグ取扱遊漁船届出報告書
  【別表】
処理等により人の健康を損なうおそれがないと認められるフグの種類
 
Acrobat Readerダウンロード
茨城県フグ取扱指導要綱をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)というソフトが必要です。お持ちでない方は、左のボタンをクリックするとAdobe Acrobat サイトに入れますので、そちらの指示に従い、ソフトをダウンロード(無料)してインストールを行ってください。

 

 

▲このページのトップへ