サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME > 試験・免許 > 調理師について

試験・免許

調理師について
bar

 

調理師とは
   調理師とは、調理師法(昭和33年法律第147号)で、「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者をいう。」と定義されています。飲食店等では、調理の業務を行うためには調理師を置くように努めなければならないと、法律で定められています。
 
調理師法についてはこちら
調理師になるためには
   調理師になるためには、調理師免許を取得する必要があります。
調理師免許は、申請に基づいて都道府県知事が与えますが、申請を行うためには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。
 
(1)
学校教育法第57条(高等学校の入学資格)に規定する者で、厚生労働大臣の指定する調理師養成施設で、1年以上、調理師に必要な知識及び技能を修得したもの。
(2)
学校教育法第57条に規定する者で、飲食店等の多数人に対して飲食物を調理して供与する施設又は営業で、2年以上調理の業務に従事した後、調理師試験に合格したもの。
   (1)もしくは(2)の条件を満たした後、調理師免許申請の手続きを行い都道府県知事から免許を受けることで、「調理師」となります。調理師試験に合格した者や、厚生労働大臣の指定する調理師養成施設を卒業した者でも、調理師の免許を受けなければ調理師とは認められません。
 
茨城県内の調理師養成施設についてはこちら
 
調理師試験についてはこちら
茨城県の調理師に関する各種申請手続き
   調理師に関する各種申請手続きとして、以下の手続きがあります。
 
(1)
調理師免許申請手続き
  調理師試験合格又は調理師養成施設卒業された方が、調理師の免許を申請するための手続きです。
 
申請書に関する詳細はこちら(県の情報政策課へのリンク)
  ※申請時には医師の診断書が必要です。診断書は、決められた様式はありませんが、必ず麻薬、あへん、大麻、覚せい剤の中毒者ではないことを示す内容についての記載が必要です。
・医師の診断書(様式見本)
(2)
調理師名簿訂正(免許証書換え交付)申請手続き
   調理師名簿を訂正し,調理師免許証の書換え交付を申請するための手続きです。
調理師は、本籍地都道府県名(日本の国籍を有しない者は国籍)や氏名を変更した場合、変更が生じたときから30日以内に、名簿の訂正を申請しなければならないと、法律で定められています。
 
申請書に関する詳細はこちら(県の情報政策課へのリンク)
(3)
調理師免許証再交付申請手続き
   発行した調理師免許証の再交付を申請するための手続きです。
調理師は、免許証を破り、汚し、又は失ったときは、免許証の再交付を申請することができます。
 
申請書に関する詳細はこちら(県の情報政策課へのリンク)
(4)
調理師名簿登録消除申請手続き
   調理師名簿について消除を申請するための手続きです。
調理師が死亡し、又は失踪の宣告を受けたときは、戸籍法による死亡又は失踪の届出義務者は、30日以内に、名簿の登録の消除を申請しなければならないと、法律で定められています。
 
申請書に関する詳細はこちら(県の情報政策課へのリンク)
その他
   茨城県には、調理師の資質の向上及び合理的な調理技術の発展に寄与することを目的とした団体が設立されています。
 
調理師関係団体に関する詳細についてはこちら
bar

 

 

▲このページのトップへ