サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集

食中毒について

 

ノロウイルス
 
原因物質
  ノロウイルス
特徴
  ノロウイルスによる食中毒は主に11月〜3月の冬場を中心に、年間を通して発生しています。
最近は、学校、保育所及び老人福祉施設などで集団感染もよくみられます。
ノロウイルスは、人間の腸でのみ増殖するウイルスで、ウイルスが体内に入ると食中毒や感染症の原因となります。
また、ノロウイルスは人から人への二次感染を起こすことがあるので、予防対策が重要です。
原因食品
  生がきなどの2枚貝、2次汚染を受けた調理食品など
潜伏期間
  24時間〜48時間
症状
  吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱(38℃程度)
症状が消えた後3日間程度でウイルスは検出されなくなりますが、1ヶ月にわたりウイルスが排出されたり,感染しても発症せずにウイルスが排出される例も報告され、個人差があるようです。
予防のポイント
  予防の基本はウイルスを口にしないことであり、そのために食品の取扱いに関しては、手洗いの徹底など食品衛生の基本が大切で、次のことを守りましょう!
  • 調理に携わる人は手洗いをきちんとしましょう。
  • 下痢をしているときは、調理に従事しないようにしましょう
  • 汚染された貝類などを調理した手や調理器具からの二次汚染に気をつけましょう
  • カキなどの 2 枚貝を加熱する場合は、十分加熱調理しましょう ( 85 ℃1分以上の加熱でウイルスの感染性はなくなるとされています。)
  • 嘔吐・下痢をしている人の汚染物の処理は、二次感染に十分注意して行いましょう (素手で作業しないこと!手洗いの励行など!)
ノロウイルス食中毒の予防に関するQ&A
  http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

 

▲このページのトップへ