サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME > 食中毒について > わが家の食中毒予防6つのポイント

食中毒について

 

 食中毒というと、夏の暑い時期を連想しますが、実は、気温の低下した季節でも食中毒は発生します。さらに、食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、家庭の食事でも起こっています。
食中毒にはいろいろな種類のものがありますが、その内70%程度を細菌による食中毒が占めています。細菌がもし、まな板に付いていたとしても、肉眼では見えません。しかし、目に見えなくとも簡単な方法をきちんと行えば細菌による食中毒を予防することができるのです。
購入した食品は、肉汁や魚などの水分がもれないようにビニール袋などに分け持ち帰りましょう。
生鮮食品などのように冷蔵や冷凍などの温度管理の必要な食品の購入は、買い物の最後にし、購入したら寄り道せず、まっすぐ持ち帰りましょう。
冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は、-15℃以下に維持することがめやすです。
手を洗うことは食中毒予防の基本です。調理を始める前や食品を取り扱う前後、こまめに手を洗いましょう。
生の肉や魚を切った後、洗わずにその包丁やまな板で、果物や野菜など生で食べる食品や調理の終わった食品を切ることはやめましょう。洗ってから熱湯をかけたのち使うことが大切です。
加熱して調理する食品は中心部まで十分に加熱しましょう。
食卓に付く前に手を洗いましょう。
調理前の食品や調理後の食品は、室温に長く放置してはいけません。
残った食品は早く冷えるように浅い容器に小分けして保存しましょう。
残った食品を温め直す時も十分に加熱しましょう。
 
 
  食中毒予防の三原則は、

食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」です。

  「6つのポイント」はこの三原則から成っています。
これらのポイントをきちんと行い、家庭から食中毒をなくしましょう。

 
平成18年次全国食中毒発生状況(施設別)はこちら
全国食中毒発生状況(家庭)はこちら

 

 

▲このページのトップへ