サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME>気になるキーワード>食品の表示>食品の一般的な表示事項について

気になるキーワード

食品の表示
 
食品の一般的な表示事項について
 食品の一般的な表示事項は、以下のとおりです。
 
名称(加工食品、生鮮食品)
加工食品
食品の内容を表す一般的な名称を表示します(商品名ではありません。)。
なお、「食品表示基準」で表示する名称が定められている食品もあります。
生鮮食品
食品の内容を表す一般的な名称を表示します。  
なお、容器包装された玄米及び精米については、「食品表示基準」で表示する名称が定められています。
原材料(加工食品)
  使用した原材料を重量の割合の高いものから順に最も一般的な名称で表示します。 
   
添加物(加工食品、生鮮食品【該当する場合】)
  使用した添加物(原材料に含まれる添加物を含む)を重量の割合の高いものから順に、原則として物質名で表示します。
ただし、最終食品中に残存していない添加物や残存していてもその量が微量で最終食品中で効果を発揮しないような添加物は表示が免除されます。
   
表示が免除される添加物

「食品表示基準」の施行で表示方法が一部変更され、原材料と別に添加物の事項を設けて添加物を表示することになりました(例外あり)。
   
原産地又は原産国(加工食品【該当する場合】、生鮮食品)
加工食品
輸入品については、原産国を表示します。
なお、一部の加工食品については、主たる原材料の原産地の表示が義務づけられています。
生鮮食品
農産物、畜産物及び水産物の区分により、以下のとおり原産地を表示します。
なお、容器包装された玄米及び精米については、「食品表示基準」に定める方法で原産地を表示します。
 
  農産物 畜産物 水産物
国産品

都道府県名

(市町村その他一般に知られている地名での表示
可)

(例)○○県産じゃがいも

国産である旨

(都道府県名、市町村名その他一般に知られている地名での表示可)

(例)国産豚肩ロース肉 ○○県産卵

水域名又は地域名

(水域名の表示が困難な場合は、水揚港名又は水揚港が属する都道府県名での表示可)
※ 水域名に水揚港名又 は水揚港が属する都道府県名の併記可

(例)石狩湾紅鮭

輸入品

原産国名

(一般に知られている地名での表示可)

(例)カリフォルニア産オレンジ

原産国名


(例)ブラジル産鳥もも肉

原産国名

(水域名の併記可)

(例)ロシア産タラバガニ

   
内容量(加工食品、生鮮食品【該当する場合】)
  原則として、内容重量(g又はkg)、内容体積(ml又はL)又は内容数量(個数等)により、単位を明記して表示します。
   
消費期限又は賞味期限(加工食品、生鮮食品【該当する場合】)
  品質の劣化が早い食品は「消費期限」、品質の劣化が比較的遅い食品は「賞味期限」を、以下のとおり表示します。
 
 
用語の定義
対象となる食品
表示方法
消費期限
定められた方法で保存した場合に、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日 品質の劣化が急速で、速やかに消費すべき食品

(例)弁当、調理パン、そうざい、生菓子類、食肉、生めん類 等
○28.4.1
○2016.4.1 

※ 製造日から賞味期限までの期間が3か月を超える食品は、「年月」での表示も認められています。
賞味期限
定められた方法で保存した場合に、期待される全ての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日 品質の劣化が比較的遅い食品

(例)清涼飲料水、即席めん類、冷凍食品、ハム・ソーセージ、牛乳、乳製品 等
   
保存方法(加工食品、生鮮食品【該当する場合】)
  保存の方法を具体的かつ平易な用語で表示します。
なお、常温保存以外に特に留意事項がない食品については、表示の省略が認められています。
   
製造者等(輸入業者)の氏名又は名称及び製造所等(輸入業者)の所在地
(加工食品、生鮮食品【該当する場合】)
  表示内容に責任を負う事業者(表示責任者)の氏名又は名称及び住所並びに製造者等の氏名又は名称及び製造所の所在地を表示します(表示責任者と製造者等が同じ場合は、製造者等の氏名又は名称及び製造所の所在地の表示を省略できます。)。

なお、消費者庁長官に製造所固有記号を届け出た場合は、固有記号を表示すれば、製造者等の氏名又は名称及び製造所の所在地の表示を省略できます(平成28年4月1日から、制度が施行されました。)。
   
栄養成分表示(加工食品)
  平成27年4月から、一般用加工食品及び一般用添加物について、栄養成分の表示が義務づけられることとなりました(5年間の経過措置あり)。 
表示が必要な栄養成分等は、「熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物及びナトリウム」の5つの成分等で、ナトリウムについては食塩相当量(ナトリウム×2.54)に換算して表示します。 
なお、この5つの成分等を表示する場合、下記様式のとおり表示順が決められています。(その他の栄養成分を表示する場合については、様式が別になります。)

栄養成分表示
食品単位当たり
熱量 kcal
たんぱく質 g
脂質 g
炭水化物 g
食塩相当量 g
   
遺伝子組換え食品である旨(該当する加工食品又は生鮮食品)
  以下の遺伝子組換え農作物及び遺伝子組換え農作物を原材料とする加工食品(33食品群)については、遺伝子組換え食品である旨の表示が必要となります。
(遺伝子組換え農作物【8作物】)
大豆、とうもろこし、ばれいしょ(じゃがいも)、なたね、綿実、アルファルファ、てん菜パパイヤ  

詳しくは、「遺伝子組換え食品について」のページをご覧ください。
   
アレルゲンの表示(該当する加工食品又は生鮮食品)
  原材料又は添加物に以下の特定原材料が含まれている場合は、アレルゲンの表示が必要となります。
(特定原材料【7品目】)
卵、乳、えび、かに、小麦、そば、落花生
この他20品目について、特定原材料に準ずるものとして、アレルゲンの表示が推奨されています。

詳しくは、「アレルゲンを含む食品」のページをご覧ください。
   
その他
  保健機能食品(特定保健用食品、栄養機能食品及び機能性表示食品)など、上記の「名称」から「アレルゲンの表示」以外の表示が必要な食品もあります。
詳しくは、「食品の表示に関するお問い合わせについて」で掲載する連絡先にお問い合わせください。
食品別表示例 食品の表示に関するお問い合わせについて
bar

 

 

 

▲このページのトップへ