サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME > 茨城県食肉衛生検査所 > 食肉衛生検査所の主な業務

茨城県食肉衛生検査所

主な業務

 

「食肉等の安全」を確保するために「と畜場法(対象家畜:牛、馬、豚、めん羊、山羊)」及び「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律(対象 家禽(かきん):鶏、アヒル、七面鳥)」に基づく疾病(しっぺい)異常等の検査を行っています。

 

@家畜疾病の診断

●と畜場法に基づき、と畜検査員(獣医師)が食肉センターに搬入された獣畜(牛、馬、豚、めん羊および山羊)を1頭ずつ食用に適するか否かを検査しています。
(牛の疾病の例:結核病、ヨーネ病、伝達性海綿状脳症、ブルセラ病等 )
(豚の疾病の例:豚コレラ、萎縮性鼻炎、伝染性胃腸炎、豚丹毒等)

 

●食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律に基づき、食鳥検査員(獣医師)が食鳥処理場(大規模)に搬入された食鳥(鶏、アヒル、七面鳥)を1羽ずつ食用に適するか否かを検査しています。
(鶏の疾病の例:ニューカッスル病、マレック病、大腸菌症等)

 

A 有害細菌の汚染防止

処理された枝肉などの衛生状態を定期的に検査し、衛生的な枝肉の流通に努めています。(O157、サルモネラ、カンピロバクターなど)

 

B化学物質の残留防止

食品中に残留する動物用医薬品等の検査を行っています。また、定期的にモニタリング検査を行っています。

 

C調査研究

疾病の実態把握や検査技術の向上のため調査研究を行っています。

 

D衛生指導

食肉センターの衛生管理責任者や作業衛生責任者と協力して衛生的な作業や場内の衛生維持を指導するとともに、講習会を開催し衛生意識の向上を図っています。

 

E関係機関との連携

国や各自治体と家畜疾病の発生や新しい検査法などの情報交換を行っています。

 

F食肉衛生に関する意見交換会(リスクコミュニケーション)の開催

県民や生産者、加工者等と食肉の衛生に関する意見交換会を実施しています。