サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集
HOME > 試験・免許 > 製菓衛生師について > 茨城県製菓衛生師試験について > 平成31年(2019年)度 茨城県製菓衛生師試験の実施について

試験・免許

茨城県調理師試験について
bar

平成31年(2019年)度 茨城県製菓衛生師試験の実施について

1 試験日時
(1)試験日 :平成31年(2019年)10月10日(木曜日)
(2)試験時間 :午後1時30分から午後3時30分までの2時間
※ 試験会場への集合時間は午後1時です。

 

2 試験会場
試 験 会 場 所 在 地
茨城県庁舎 水戸市笠原町978番6

試験会場には使用できる駐車場はないので、一般公共交通機関を利用してください。

 

3 受験願書の配布日時及び場所
(1)配布日時

: 平成31年(2019年)5月13日(月曜日)から7月4日(木曜日)まで

(2)配布場所 : 保健所等一覧表(別表)で配布します。
※窓口は、平日の午前8時30分から午後5時15分までです。

※受験願書等の用紙の郵送を希望する場合は、封筒の表に「製菓衛生師試験受験願書希望」と朱書し、140円分の切手を貼ってあて先を明記した返信用封筒(角型2号[縦33cm×横24cm程度])を同封し、別表の保健所等へ請求してください。
なお、2部以上必要な方は事前に送料をお問い合わせ下さい。

 

4 受験願書の受付日時及び受付場所
(1)受験願書の受付日時 :平成31年(2019年)7月3日(水曜日)及び4日(木曜日)
 午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時まで
(2)受付場所 :県内各保健所(別表参照)

受験願書及び添付書類は、本人又は代理人が直接持参するものとし、郵送によるものは受理しませんので、ご注意ください。

 

5 受験資格

 受験資格は、次のいずれかに該当する者とする。

(1)中学校卒業以上の者で、都道府県知事の指定する製菓衛生師養成施設において1年以上製菓衛生師として必要な知識及び技能を修得した者

(2)中学校卒業以上の者で、受験願書(茨城県製菓衛生師法施行細則様式第1号)の菓子製造業従事証明の証明日において2年以上菓子製造に従事した者

(3)製菓衛生師法施行の際(昭和41年12月26日)現に菓子製造に従事している者(学校教育法第57条に規定する者を除く。)であって、菓子製造に従事した期間が、同法の施行の日において3年を超えている者又は同法の施行の日後3年を超えるに至った者

 

※注意

 ただし、以下の場合は、調理の業務に従事したこととは認められません。

ア 高校生(夜間課程及び通信課程を除く。)でアルバイトしている(していた)場合

イ 専ら菓子の運搬、配達、食器洗浄等直接菓子製造の実務に従事しない場合

ウ パート、アルバイト等で菓子製造の業務に従事している場合
ただし、週4日以上かつ1日6時間以上又は週5日以上かつ1日5時間以上菓子製造の業務に従事している場合は職歴と認める。

※ 旧国民学校令(昭和16年勅令第148号)による国民学校の高等科を修了した者、旧中等学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校の2年の課程を修了した者又は製菓衛生師法施行規則(昭和41年厚生省令第45号)附則第2項の定めるところによりこれらの者と同等以上の学力があると認められる者は、製菓衛生師法第5条又は法附則第2項の規定の適用については、学校教育法第57条に規定する者とみなす。

 

6 試験科目及び出題数
【試験科目】 (1)衛生法規 (2)公衆衛生学 (3)食品学 (4)食品衛生学
  (5)栄養学 (6)製菓理論及び製菓実技
【出題数等】 全60問で出題方式は四肢択一式

※「製菓理論及び実技」については、製菓理論と製菓実技を出題し、製菓実技は「和菓子」、「洋菓子」、「製パン」の分野からいずれか1分野を選択して解答するものとする。 なお、同科目について、職業能力開発促進法の規定による菓子製造技能士の1級又は2級の資格を有する者は、本人の申し出により免除する。

 

7 提出書類等
(1)受験願書(茨城県製菓衛生師法施行細則様式第1号) 1部
(2)中学校卒業以上の卒業証明書または卒業証書の写し(専修学校や各種学校のものは除く)
  ※1 都道府県知事の指定する製菓衛生師養成施設の卒業者については不要。
  ※2 卒業証書の写しを提出する場合は、原本も持参すること。
  ただし、製菓衛生師法附則第2項に規定する受験資格の特例の適用を受ける者にあっては、
  菓子製造業に従事した期間の証明書を提出すること。
1部
(3)都道府県知事の指定する製菓衛生師養成施設の卒業者については、それを証明する書類 1部
(4)菓子製造技能士の1級又は2級の技能検定合格証の写し(該当者のみ) 1部
(5)写真(縦5cm、横4cm、上半身正面向、脱帽、受験願書提出前3か月以内に撮影したもの) 1枚
(6)受験手数料9,600円相当額の茨城県収入証紙
  ※受験手数料は受験願書を受理した後は、いかなる理由があっても返還しません
 

 

※ 平成28年度から平成30年度の茨城県製菓衛生師試験を受験した方で、当該試験の製菓衛生師試験受験票を提出する場合は、上記提出書類のうち、(1)の菓子製造業従事証明欄の記入、(2)及び(3)の提出を省略することができます。
※ 受験票を紛失等された場合は、受験票に代えて 「製菓衛生師試験を受験した旨の証明書」を提出してください。
(「製菓衛生師試験を受験した旨の証明書」の発行を希望される方は、受験願書受付時までに、前回試験の受験願書を提出した保健所で、運転免許証等の公的な身分証を提示し、証明書の発行を受けてください。
なお、当該証明書の発行には、証明手数料として400円が必要です。)

 

8 合格発表

 平成31年(2019年)11月29日(金曜日)午前10時から次に掲げる方法により発表します。
 なお、電話による問い合わせには、一切応じませんので、ご注意ください。
(1)茨城県庁行政棟14階保健福祉部生活衛生課及び各保健所に、合格者の受験番号を掲示する。
(2) 「いばらき食の安全情報Web Site」で受験番号の情報提供を行う。(URL=https://www.shoku.pref.ibaraki.jp)
(3)合格者に合格証書を送付する。

 

9 試験結果の開示

 茨城県個人情報の保護に関する条例(平成17年茨城県条例第1号)第25条の規定に基づき、簡易の手続きにより開示を請求することができます。
 なお、開示を希望する場合は、受験者本人茨城県保健福祉部生活衛生課受験票を持参し、開示の請求をしてください。また、電話、はがき等による開示の請求はできません

開 示 す る 内 容 開 示 の 日 時 開示の方法
科目別得点及び総合得点 合格発表の日から1か月間の執務時間中 閲覧

 

10 その他

 受験資格に偽りがあることが判明した場合は、試験を無効にするほか、合格者にあっては合格を取り消します。

 

※ ご不明な点がありましたら、「県内各保健所 衛生課」又は「県保健福祉部生活衛生課食の安全対策室」までお問い合わせください。(別表参照)

 

 
Adobe Readerダウンロード
受験案内、試験問題をご覧になるためには、Adobe Reader(アドビリーダー)というソフトが必要です。お持ちでない方は、左のボタンをクリックするとAdobe Readerサイトに入れますので、そちらの指示に従い、ソフトをダウンロード(無料)してインストールを行ってください。
bar

 

 

▲このページのトップへ