サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集

食中毒について

 

 
原因物質
  カンピロバクター ジェジュニ/コリ (Campylobacter jejuni/coli)
特徴
  この細菌は、主に鶏や牛などの腸に住み、食品や飲料水を介して人に感染します。また少量の菌数で感染しますので、注意が必要です。
カンピロバクターは、温度が10℃以下の環境でも生き続けられますので、冷蔵庫内でも十分生き続けます。
最近の研究で判明したことですが、牛のレバーの内部からもカンピロバクターを検出したとの報告があることから、レバ刺しなども注意が必要です。
原因食品
  鶏肉(とり刺しなど)、食肉、井戸水(未殺菌)
潜伏期間
  2日〜7日
症状
  発熱(37 〜 40℃)、頭痛、腹痛、吐き気、水溶性下痢
予防方法のポイント
(1)生の食肉などを冷蔵庫に保管する場合は、他の食品と分けましょう。
(2)食肉などは十分加熱しましょう。
(3)動物に触れた場合は、キチンと手を洗いましょう。
(4)調理をするときは必ず手を洗いましょう。
(5)まな板、包丁、フキンなどは区別し使用後は、熱湯や塩素系の漂白剤で殺菌してください。

 

▲このページのトップへ