サイト検索
AND OR

いばらき食の安全情報

食中毒について気になるキーワード食品関連事業者の方へ試験・免許食品衛生統計データ
食品の安全に関する県の取組み食品衛生に関する法・条例交流のひろばお問合わせ窓口リンク集

食中毒について

 

 
原因物質
  リステリア モノサイトゲネス (Listeria monocytogenes)
特徴
  この菌は、主に山羊、綿羊、牛、馬、豚などで脳炎症状を出すことで知られている細菌です。食品を介して人に感染した事例は欧米諸国で報告がありますが、日本での報告は確認されていません。通常30〜37℃で発育しますが、4〜5℃の低温でも発育する低温細菌です。
乳児や高齢者など抵抗性が低下している人などに感染すると発症することが多く、死亡率も高くなります。
原因食品
  乳製品、食肉加工品など
症状
  発熱、頭痛、嘔吐など
 
 
 
培地に発育した
リステリア菌
 
培地に発育した
リステリア菌(拡大)
 
顕微鏡で観察した
リステリア菌
         
写真資料提供:財団法人 茨城県薬剤師会公衆衛生検査センター

 

▲このページのトップへ